スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白猫との運命の出会い4

とりあえず、1日だけ・・・

とりあえず・・・

そんな気軽な気持ちで飼いはじめた。そして、2日たち、3日たち、全然、おとなしくならない・・・

いつまでたっても、この部屋も、新しい飼い主である俺の事も信用していない様子・・・

みゃあ!!!みゃあ!!!みゃあ!!!

あ、はっきり言って、この猫・・・うざい・・・そう感じていた。

どうでもいいけど、うるさいんですが・・・そんな事を考えながらも、まずは、トイレのしつけだけは、しっかりやらないと・・・

で、うんこをするタイミングを観察していた・・・

ついに、部屋の真ん中あたりで、おしっこをしようとした・・・

その瞬間、俺は首ねっこをつかみ、トイレへ・・・

で、ここでやれと!!!

さすがに、猫・・・

一発で、トイレは理解してくれた。

その後は、しっかりトイレで・・・それにしても、不思議だなあと思う。言葉で、ここでやれよと、ジェスチャーで教えただけなのに、一発で、あ、トイレはここでするんだなと、理解できるとは・・・・・

結構、こいつは、頭がいいのかもしれない。

ただ、昔かっていた猫ちゃんも、一発で覚えてくれたので、関係ないか・・・

そして、俺の記憶では、3日目あたりだったかなあ・・・

よしよしと、顔を近づけた瞬間に・・・・

キレた・・・

俺の顔面に、鋭い爪で、一撃・・・

顔面から、たら~っと、赤い血が・・・最悪だ。でも、不幸中の幸いで、俺の眼球にあたらなくてよかった。

俺の左目横3センチぐらいのところから、血が・・・

俺も切れた・・・

人間に攻撃したらどうなるか、教えてやらないと・・・

俺はこの子の首根っこを掴み、本気で怒鳴った・・・(殴ったりはしてません・・・)

こいつは、俺のいきおいに、びびりまくり、ブルブルブル・・・

そして、凄い勢いで、部屋の中を逃げ回る・・・

俺は、追いかけた。そして、怒鳴る・・・

まあ、このぐらいにしておいてやるかと・・・



続く・・・・・・

comment

Secret

スポンサードリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。