スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白猫の感情と、人間の感情・・・

今日は、ここまでっと、

言った瞬間に、暇すぎるので、また、ブログ更新。

今朝、俺が仕事から帰ってきて、

いつものように、にゃあにゃあ、わめくにゃんちゃん。


そして、こいつの感情は、まるで、人間の恋愛感情のような形。


たとえば、わざと冷たくしてみる。


帰ってきた瞬間に、にゃあにゃあ、寄ってくる。

その瞬間にさりげなく無視しつつ、

近寄って、ふれようとした瞬間に、俺が逃げる。

近寄るな~~~と・・・

そして、二階へダッシュでかけのぼる。


そうすると、かなりのいきおいで、追いかけてくる。

追いつかれ、身体をすりすりしようとしてくるが、

それでも、また逃げる。


そんなことを2回ほど、くりかえすと、

なんだか、興奮してくる。

まるで、人間の感情みたいだ。

そして、それから、はじめて、膝の上にのせると、

甘え方がさらに、ひつこくて、おろそうとすると、嫌がる状況が生まれる。

そして、微妙な力加減で、何度も何度も、おろそうとすると、

おりたくない、みたいな感じになる。



人間の恋愛にも応用できそうだな・・・

comment

No title

このテクニックは、思い当たるフシがあります。
いつも、私が追いかけるから、
わが家のプリマロには、逃げられちゃうのかもしれません。
ちょっとドライな、2匹に応用してみようかな。

No title

ハウスさん、いつもコメントありがとう!
応用してみたら、徐々にかわるかもしれませんね。
うちの子も、はじめは、俺の顔をすりすりするのは嫌だったみたいだけど、徐々に徐々に、自分からすりすり俺の顔にするようになりました。

猫は日本語しゃべれないんで、何考えてるのかわからないのが残念です。しゃべればいいのに・・・
Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

スポンサードリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。